早漏の防止治療にプリリジーとポイントをおさえた自慰

プリリジーは早漏の防止治療として重宝しますが、薬に依存した治療はおすすめできません。
なぜ早漏を招いているのか予測し、防止治療を施していくことも大切です。
ED治療を例にしても、治療薬を服用するだけでは根本解決はできないのです。
生活習慣を正していき、ドロドロの血流を解消していく必要があります。
ストレス、不安、寝不足なども原因となるので、心当たりのある方は解消していきます。

早漏の防止治療においては、自慰によるコントロールが効果的です。
プリリジーを服用すればペニスの感度は鈍くなり、射精までの時間を長持ちさせることができます。
しかし、理想的なのは薬を服用せずに早漏を解消することです。
そのためには、プリリジーを服用しつつ原因を特定していくことが大切です。
日常生活で早漏の原因となるポイントは、自慰の頻度なのです。
自慰は性欲を解消するために行われますが、早漏の方は頻度が少ない傾向があります。
睾丸に精液を沢山溜めてから放出したほうが快感は強くなりますが、この状態でSEXをすると早漏を招いてしまいます。
SEXは自慰よりも興奮度が高まるため、射精コントロールは難しくなります。
予期せぬタイミングで射精してしまうことも少なくありません。
特にSEXの経験不足は早漏を招くので、自慰の回数を調整して性欲をコントロールしましょう。
いずれにしても、性的興奮が高すぎる状態は避けたほうがいいです。

早漏解消のためには、自慰の頻度を1日1回にしてみましょう。
2日に1回だとかなり精液が溜まってしまうので、挿入して1分以内に射精する方も多いです。
3分以上持たせるためには、1日1回を目安に自慰をしてみることです。
性的興奮は睾丸に溜まった精液の量と比例するのです。