加齢早漏をフィンガーテクニックやプリリジーで対処

加齢による早漏は男性ホルモンの分泌が減少することによる症状とされているので、筋肉を鍛えて男性ホルモンの分泌を増加させることで改善することも可能ですが、男性は加齢によって性欲も低下するので、医療機関を受診して詳しい検査をするなどして適切な治療を受けることが重要で、加齢によるホルモンバランスの変化の場合はホルモン剤を注射することで対処することができます。
また早漏のためにセックスの時間が短くなる場合には指を使って女性器を愛撫するなどして満足をさせるフィンガーテクニックを鍛えることでも対処することができますが、女性器の内部は粘膜なのでフィンガーテクニックを駆使することで傷を付けてしまうことがあるので、優しく扱わなければなりません。
フィンガーテクニックに関しては射精が不完全な場合には効果的なスキンシップの方法で、他にもオーラスセックスによって挿入の短さをカバーする方法もあります。
プリリジーは早漏治療薬ですが、SSRIの薬なので脳に直接作用して射精の時間を長くすることができます。
プリリジーを服用するのはセックスの1時間程度前ですが、効果が長いので前の日に服用しても十分に効果を発揮することもあります。
プリリジーはSSRIの射精障害の副作用を利用した薬なので、効き目が長く副作用も少ないのが特徴です。
プリリジーとバイアグラなどを併用する人も増えていて、これらの併用によって勃起を長時間維持することが可能になるので、世界中の多くの男性がプリリジーと勃起改善薬の併用をしています。
これらの薬は作用が全く異なるので、併用しても問題はありませんが、高齢者の場合は様々な薬を日常的に服用しているので飲み合わせなどを医師に相談しなければなりません。