プリリジーで挿入時間を何倍にもする!

悩んでいる男性

プリリジーはダポキセチンを主成分にしたSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類され、早漏を改善する世界初の治療薬となっています。
プリリジーは元々、うつ病などの気分障害を改善するために抗うつ剤として開発されていましたが、服用していた患者が、射精までの時間が長くなったという報告が多く出たことから、早漏治療に転用された経緯をもちます。
勃起と射精に関わるのは自律神経にある交感神経と副交感神経で、勃起の際に血管を膨張させるには副交感神経が優位に働き、射精時には交感神経が優位に働くとされています。
早漏の人には交感神経が優位に働くことが多く、その際にノルアドレナリンという物質が大量に分泌されるようになります。
プリリジーは神経細胞から分泌されるセロトニンが再取り込みされないように、神経細胞にフタをすることでセロトニンの量を増やす作用があります。
セロトニンは人体にとって重要な神経伝達物質で、意欲や緊張といった感情を司るノルアドレナリンを抑えることで精神を安定させる作用があります。
早漏の人が交感神経が優位に働き、ノルアドレナリンが多量に分泌されても、プリリジーによるセロトニンの増加でノルアドレナリンを抑えることから、興奮から正常な状態に戻して、射精しにくい状態にさせる効果があるとされています。
大規模な臨床試験においても早漏への改善効果が認められ、個人差はありますが、プリリジーの服用で射精までの時間が3~4倍まで長くなったという結果が出ています。
プリリジーには特に併用禁忌といったものがないことから、同じように早漏改善に効果があるとされるED治療薬との併用で、さらに射精までの時間が長くなる効果が期待できるとされています。

人気記事一覧
サイト内検索