ストレス性の早漏にプリリジー

落ち込んでいる男性

プリリジーは早漏(PE)の改善のために開発された薬で、SSRI(セロトニン再取り込み阻害)に分類されています。
名前から察すことができますが、元はうつ症状などの精神疾患で用いられた抗うつ剤で、成分であるダポキセチンが射精までの時間を長くすると報告があったことから、PE症の治療に用いられるようになった経緯があります。
PEには刺激に弱く射精が我慢できない器質性のものと、ストレスといった精神的な心因性のものがあり、プリリジーにはその両方に対応できる作用が発揮されます。
プリリジーによるSSRI(セロトニン再取り込み阻害)の作用は、脳内の伝達物質であるセロトニンが分泌される神経細胞を抑えることで、再取り込みを抑制し、セロトニンの量を増やす効果を発揮します。
その結果、射精のスイッチとなるノルアドレナリンをセロトニンが抑え、射精のタイミングをずらすことで持続時間が延びるとされています。
特にストレスによる心因性のPE症は、原因を取り除くことが難しいことから改善が困難とされ、プリリジーによって射精までの時間をコントロールする方法が有効とされます。
また、SSRI(セロトニン再取り込み阻害)はうつ症状の改善薬であり、セロトニンが精神を安定させる物質であることから、プリリジーを服用するとストレスなどの不安定な気分を落ち着かせてくれます。
臨床試験では射精までの時間は、従来の3~4倍は延長することが認められており、これまでPE症によって性行に嫌な思いをしてきた男性でも、PEを改善することで自信が持てるようになります。
また、ED改善薬との併用も可能となっているので、EDとPEの両方が問題になっていても、同時に改善することができます。

人気記事一覧
サイト内検索