お知らせ
心配している男性

早漏と言えば男性にとって深刻な問題でもありますが、その早漏の悩みは薬で解決できるんです。
早漏の治療薬の中にプリリジーという薬があります。
このプリリジーは早漏(PE)を克服するために開発されたSSRI(セロトニン再取り込み阻害)で、精神を安定させて興奮を静めるセロトニンをコントロールすることで、射精までの時間を遅らせます。
主成分のダポキセチンは、うつ症状などを改善する抗うつ剤として開発されましたが、射精までの時間が延びる作用が発見されたことから、世界で初めての早漏治療薬となっています。
射精までの時間は、臨床試験によって通常時より3~4倍に遅らせることができたとされ、早漏の悩みに対応できる薬と言われています。
プリリジーを飲むと15分程度で効果が発揮される即効性があるため、服用方法は性行為の1時間前に1回1錠(30mg)として服用します。
1日の服用は60mgまでが限度とされているので、効き目が薄いと感じた場合は、さらに1錠を服用することも可能です。
食事による影響はないので食前や食後でも問題ありませんが、アルコールによる影響があるため、服用時には飲酒を控える必要があります。
ED治療薬との併用も可能と言われており、早漏の改善効果がある他のED治療薬と一緒に飲むと、効果的な対策になります。
ただし、ED治療薬との併用で副作用もあらわれやすくなるので、体に影響が出やすい人には注意が必要です。
プリリジーの副作用としては胃のむかつき、めまい、疲労感といったものが報告されており、単体での使用では軽度なものですが、併用して強く出た場合には使用を中止するようにしましょう。
また、初めて服用してから4週間の経過、あるいは6回の服用で有効性がみられなかった場合は、使用を中止することを考えましょう。
元々が抗うつ剤なので、継続的に使用すると精神に影響を及ぼす可能性もあります。

人気記事一覧
サイト内検索